女性だけが原因で無い不妊の実態を目の当たりにしました

私は結婚当初仕事も続け1時間以上の通勤でもバリバリ働いていました。
結婚当初から「早く子どもが欲しいね。」と旦那とも話していましたし、20代だし避妊しなければすぐに妊娠できると思っていました。

しかし、予想以上に赤ちゃんができず、生理が来るたびに落ち込み、自分を責めました。
赤ちゃんが欲しいと思ってから妊娠の知識を付けてはいたのですが、しっかり基礎体温もつけていなかったのでまずは基礎体温を測ることにしました。
それからは、なんとなくの排卵日ではなくデータにした基礎体温を参考に排卵日を予測してタイミングをはかるようにもしました。

しかし、それでも妊娠はできず、もしかしたら仕事がストレスで体に良くない影響を与えているのかもと仕事も退職しました。
それでも妊娠できず悩んでいた時に、通い始めたクリニックの先生に旦那さんも一緒に検査しましょうと言われました。

それまで、旦那を疑うことなんて無かったので、「失礼な!」と思ったのが正直な意見でした。
しかし、検査をしてみると原因が旦那だったのです。

旦那は野外での作業を行う仕事を長年行っています。
精子は熱に弱いようで、野外での仕事が精子の運動能力を低下させているという診断でした。

私は複雑な思いでしたが、旦那は「原因が俺で良かった。今までごめんな。」と言ってくれました。
それから、子どもは本当に授かりものなんだなと思えるようになったり、この旦那となら2人でもいいかなと少しは思えるようになりました。

昨年いっぱいは治療をせず、タイミングをはかっていましたが妊娠できなかったので、今年に入ってから本格的に不妊治療を行うことにしました。
不安もありますが、諦めずに楽しみに前向きに待っていこうと思っています。

最安値でベジママを買う方法

もっと素直に妊娠を喜べるようになりたい

ベビ待ちをしていて一番辛いのが身近なところからの妊娠報告です。不妊治療をしていると知っている人は気を使ってくれたりするのですが、ずっと隠し通せるわけではありません。いつかはその事実を知らなければならないわけです。その時がやっぱり辛いです。本当はすごくおめでたいことなのに、どうしても相手に気を使わせてしまいますのでそれも悩みの種です。
つい先日、友人が妊娠しました。年上の友人で、お互い何も言っていませんでしたが向こうも不妊治療をしていたそうです。彼女は、なんだか妊娠したことがすごく申し訳なくなる時があると言っていました。私はまだ妊娠には至っていないのですが、彼女の気持ちはすごくわかりました。自分が辛い思いをしていたからこそ、妊娠を報告するのが辛いのでしょうね。

でも、私も少しずつですが慣れてきたように思えます。こうやって心が慣れてきて、素直に友人達の妊娠を祝福出来るようになってくると気持ちも穏やかになっていきます。ベビ待ち中はこういう穏やかな気持ちを作ることも大切らしいですから、少しずつでも慣れていければ良いな。

規則正しい生活を送って赤ちゃん待ち

仕事で不規則な生活を送っていたのですが、本格的に妊活を始めるために仕事を辞めて専業主婦になりました。
ずっと忙しく働いていたので、専業主婦になり毎日の生活をゆっくり送れるようになり、自分の時間を楽しんでいます。
そして、赤ちゃんがいつ来てくれてもいいように、健康な身体作りを始めました。特別なことはしていませんが、体をとにかく冷やさないように、冷たい飲み物を飲まない、温野菜をよく食べるなどしています。
私は冷え性なので、洋服も短いスカートなどは履かずに、子宮を冷やさないように気をつけています。
妊娠しやすい身体作りをインターネットなどで調べてヨガや体操も少しずつですが始めました。妊活は、焦りがストレスになると聞いたので生理が来てもあまり落ち込まないように、生理が来るっていうことは赤ちゃんを迎える準備ができていると思うようにしています。
周りの友達から妊娠報告があると羨ましい気持ちにはなりますが、自分たちのペースで赤ちゃんが来てくれるのを待ちたいと思います。

妊活をする上で大切にしていること

妊活中の方の中には「結婚をして避妊をやめれば、自然に妊娠することができると思っていた」という方、多いのではないでしょうか。実際私もそう思っていました。

妊活前は、不妊という言葉を聞いたことがないわけじゃないけど深く考えたこともないし、ましてや妊活についても深く考えたことがありませんでした。

しかし子づくりを開始してもなかなか授かることができず、徐々に焦りがでてきました。ネットで色々調べて不妊なんじゃないかと気持ちも焦ってきました。

しかし妊活にストレスが良くないのは何となくわかっていたし、授かれるときは授かるし、出来ないときは出来ないだろう!と気持ちを割り切って日々を過ごしています!

身体を冷やさないことや、カフェインを控えること、お酒を控えることなどなど、妊活にいい情報はネットを見れば沢山載っています。

その中で私が大事にしていることは、ストレスフリーな生活です。自分の身体を知ることも大切なので基礎体温を測ったりもしていますが、それ以上に日々を気持ちよく過ごすことが自分にとっては大切だと思っています。

具体的にはヨガをしたり、お風呂で疲れをとったり、スキンケアに力を入れてみたり、友達と沢山笑ったりと幸せだなと感じることをするようにしています。

妊活という面で意味があるのかは分かりませんが、こういうことを意識しだして、心なしか基礎体温も安定し生理周期が読めるようになってきましたよ♪

楽しく妊活したいですね♪

ストレスをためずに妊活を頑張ります。

妊活をし始めて思ったことはわたしはすぐ赤ちゃんができると思っていました。
妊活と言う言葉はしっていましたが、どんなことをするのかも今まで知らずいろいろとネットで調べたり友人に聞いたりしました。
まず、葉酸がいいと聞いたのでサプリメントを買いにいきました。
葉酸と言う言葉も恥ずかしながら初めて知りました。
排卵日を知ることも大切と聞いたので排卵日の検査薬を買い、チェックすることも始めました。
いろいろとあるんですね。
体を冷やさないようになど小さなことも気にかけるようになりました。
生理がきてしまうとかなり落ち込みます。
妊娠したいという気持ちが強すぎるのでしょうか。
そのことがストレスにならないようにと思っているのですがやはり毎月どこかで期待しては落ち込むの繰り返しです。
考えすぎてもよくないと聞いたので気をつけます。
いつか赤ちゃんがわたしのもとにきてくれることを信じてこれからも妊活をしていきたいと思います。

妊活をする上で大切にしていること

妊活中の方の中には「結婚をして避妊をやめれば、自然に妊娠することができると思っていた」という方、多いのではないでしょうか。実際私もそう思っていました。

妊活前は、不妊という言葉を聞いたことがないわけじゃないけど深く考えたこともないし、ましてや妊活についても深く考えたことがありませんでした。

しかし子づくりを開始してもなかなか授かることができず、徐々に焦りがでてきました。ネットで色々調べて不妊なんじゃないかと気持ちも焦ってきました。

しかし妊活にストレスが良くないのは何となくわかっていたし、授かれるときは授かるし、出来ないときは出来ないだろう!と気持ちを割り切って日々を過ごしています!

身体を冷やさないことや、カフェインを控えること、お酒を控えることなどなど、妊活にいい情報はネットを見れば沢山載っています。

その中で私が大事にしていることは、ストレスフリーな生活です。自分の身体を知ることも大切なので基礎体温を測ったりもしていますが、それ以上に日々を気持ちよく過ごすことが自分にとっては大切だと思っています。

具体的にはヨガをしたり、お風呂で疲れをとったり、スキンケアに力を入れてみたり、友達と沢山笑ったりと幸せだなと感じることをするようにしています。

妊活という面で意味があるのかは分かりませんが、こういうことを意識しだして、心なしか基礎体温も安定し生理周期が読めるようになってきましたよ♪

楽しく妊活したいですね♪